【ネット回線】本当にあったネットが速くなる話!契約変更しなくても速度が倍になる方法!

Uncategorized

こんにちはしおつです。
VODを見るためにはやはり快適なネット環境が必要ですよね?
そして最近ネット回線が遅く感じたりなどありませんか?
私も自宅の回線が遅いと感じることがあります。
速度測定をしたところやはりかなり遅めの結果がでました。
どうにか改善できないかと考え、過去に仕事で経験したことを踏まえ今回はプロバイダ契約を変更しなくても本当にネット回線速くなったやり方を書いていきますね!
私は自宅のネット館環境を整備してプロバイダ変更をしなくても
2倍以上もネット回線が速くなりました!

ネット回線が遅い理由としてはパソコンの問題であったり回線機器やケーブルに問題があったり、契約プロバイが混雑していたりなどです。

私が仕事で経験した内容とは、クライアント様の事務所にてサーバから動画データを転送し映像を再生したときにカクカク再生される現象みられました。

サーバーもクライアントPCも最新のものに切り替えていただいたのになんでだろう?と疑問に思っていたところ、クライアント様の事務所のHubという通信機器に問題がありました。

そのHubが通信容量が1000Mbpsに対応していない100Mbpsだったのです。これが何を意味するのかというとデータの通信や転送に制限がかかっていたために100Mbpsまでしか速度がでなくなっていたのです。

近年は大容量のデータ通信を要する時代。通信容量が少なければやはり遅くなるのは必然ですね。クライアント様のHubを1000Mbps対応のもの交換したらスッキリ問題解決しました。

大容量のデータを流しても、通信機器が対応していなかったらそれはデータがうまく流れないはずです。
今ではクライアント様も快適にデータ処理ができるようになり、大変喜んで頂いてます。

以上のことからまず自宅のネット環境を見直してみましょう!

ONU

まず外からの引き込みと自宅内のネット環境を繋いでいるONUという機械をみてみて下さい。
どこを見るということではないのですが、まずは電源を抜いて30秒ほど放置します。
放置したのちにまた電源をケーブルをさしてみましょう!
意外とこれで速度が改善したりしますのでお試し下さい。

ルーター

次にルーターの確認です。

下に表示している無線LANルーターです。

TP-Link製のルーターは後々にネットワーク管理するのが

やりやすいです。

上記のようなルーターを設置されている人もいらっしゃると思います。

そのルーターはギガ対応のものですか?

プロバイダ契約などで無線ルーターなどを使用している人も多いでしょう。

5年前の機械だったりする人は1度ルーターを確認してみて下さい。意外と100Mbps対応のルーターだったりします。もし、100Mbps対応のものでしたら1000Mbps対応のものに交換しましょう!光回線から100Mbps以上の速度が来ているのに受け入れぐちが100Mbpsだったらそれ以上の速度は出ません。
入り口を大きくしてあげましょう!

LANケーブル

ルーターなどの機械がギガ対応のものだと確認できたら、次は機械を繋いでいるLANケーブルの確認です。1000Mbpsの対応のLANケーブルはCategory5e〜が対応しています。
LANケーブルはCategory1からあり最大で7まであります。
Category5までは1000Mbpsに対応していませんのでご注意ください。Category5の後にeとついているものから対応しています。
見分け方はLANケーブルの側面にCat5eなどの記載があります。
昔からネット回線をつないでいたというご家庭においてはこのLANケーブルのCategory4などの1000Mbpsに対応していないものをそのまま使用している可能性もあります。

HUB(ハブ)

これはネットワークを拡張したり、ケーブルの中継の役割をする機械です。
これもまた100Mbpsのものと1000Mbpsのものがあります。
一戸建てでLANケーブルを2回などに引いているご家庭には設置されている可能性があります。
LANケーブルやルーターが1000Mbps対応していても、このHubが100Mbpsであったらそこで速度ダウンしてしまうのです。
もし発見したら取り替えましょう!

速度はあるがネット閲覧が遅い場合

単純にパソコンのスペックが足りていない可能性もあります。

家電量販店などで安売りのPCはスペックが悪い可能性が高いです。

CPUがCeleronであったりメモリが4ギガものが多いでしょう。

パソコンおスペックについてはまた後日アップしていきたいと思います。

もう一つの理由は、あまりパソコンを使用されない人は大量のアップデートが溜まっている可能性があります。まずはパソコンのアップデートを全て済ませてみてから試してみましょう!

まとめ

本当にあったネットが速くなる話をしてきました。
プロバイダを変更しなくても実際に速くなった方法を紹介しました。まずネット回線を長年使用してきた人やADSLから光回線に乗り換えた人は通信機器やLANケーブルを確認してみましょう!機器が古くて1Gbps(1000Mbps)に対応できていないのかもしれません。機器交換のみで改善する可能性が高いです。
その他にはONUやルーターの再起動で改善することもありますので試してみましょう!

もしネット回線の契約を変更しようと思っている人は、

速くてお得なネット回線5選を参考にしていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます!
また次の記事でお会いできるのを楽しみにしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました